食事編(美肌の方法)|キレイになる方法なら美肌.コム

サイトマップ

美肌.comのヘッダー画像

食事編(美肌の方法)

当サイトで取り上げる食事に関する記事は下記の通りです。


・肉と野菜のバランス良くとる


美肌をつくる食事は大きなポイントとして3点に上ります。


1. 良質のタンパク質をしっかり摂ること


20~30代の女性はパンやおにぎりなどの炭水化物を多く摂るが、「太るから」といって肉類を食べない傾向があります。


確かに炭水化物はエネルギーになりますが、肌に栄養を与えてくれるものではありません。


むしろ美肌のために、積極的に摂りたいのは肉のほうにあります。(確かに肉の取りすぎはよくないですが、全く口にしないのも望ましくありません。)


動物性タンパク質は肌を生み出す源で、肌のかさつきを防ぎます。


どうしてもカロリーが気になる人は、低カロリーな鶏のささみや魚介類を摂るほうが良いでしょう。


2. 野菜は温めて食べること


女性の多くは野菜を生のサラダか野菜ジュースで摂っていますが、これも良くないのです。


なぜなら野菜サラダに使われる野菜はビタミン類が少ないのと、体が冷えて肌の新陳代謝を下げるため。


野菜は茹でたり、電子レンジでチンするなど温野菜にして食べると良いでしょう。


美肌に必要なのはホウレンソウやニンジンなどの緑黄色野菜に含まれる「ベータカロテン」と、ジャガイモやカリフラワーなどの淡色野菜に多く含まれる「ビタミンC」の2種類の野菜です。


1日に緑黄色野菜100g,淡色野菜200gを目安に、しっかり摂ることが大事です。


3. 1日1食は自炊するのが望ましい


外食が続くと野菜が不足して、栄養バランスが悪くなりがちです。


コンビニなどのお総菜は添加物が含まれている場合がありますし、やはり美肌のことを考えると自炊するのが一番。


忙しくて料理する時間がない人は、野菜を切ってレンジでチン、冷凍食品のカット野菜を炒めるだけでもOK。


ほんの少しでも努力を続けると、自分の中で意識が変わっていくものです。


・和食は美肌に良い


※1.動物性タンパク質
肉よりも魚のほうが高タンパク低カロリーでおすすめです。魚のタンパク質は非常に良質で消化がよく、肌をつくるために必要なアミノ酸を多く含んでおり、おまけに肌のたるみを抑え、ハリを生み出す「DMAE」と呼ばれる抗酸化物質を含んでいるのだから、食べない手はないです。


※2.便秘
肌に必要なビタミンB群の生成をさまたげると言われ、美肌には大敵。便秘がちな人はごはんを玄米に変えると良い。ビタミンB群やミネラル、食物繊維がバランスよく含まれ、腸のぜん動運動を活発にします。


※3.豆や海藻、根菜
積極的に摂りたい食材。特に、大豆に含まれる大豆イソフラボンは美肌を生み出す女性ホルモン「エストロゲン」に似たはたらきをする注目食材である。味噌や納豆、豆腐など、大豆食品もまめに食べると良い。


こうして考えると、魚、野菜、大豆、ごはん(白米)と、和食の定番食材は全て美肌につながることがよくわかる。昔から欧米に比べると肌のキメが細かく、美肌の女性が多いと言われてきた日本人。お肌のことを考えるなら、原点に戻って和食中心の食生活に変えるのがいいかもしれません。


※ご注意1:これらの項目についてですが、管理者が外部から集めた情報によって収集したものです。


※ご注意2:肌質によっては実行すると逆効果を起こすことがあるため、専門家に相談(カウセリング)することをお勧めします。


スポンサーリンク