バスタイム編(美肌レシピを活用する方法)

美肌.comのヘッダー画像
TOP » メンタルケア » バスタイム編(美肌レシピを活用する方法)


バスタイム編(美肌レシピを活用する方法)

当サイトで取り上げるバスタイム(風呂)に関する記事は下記の通りです。

・入浴の仕方

美肌にきく入浴方法とはどの方法かというと、お湯の温度はほどよい熱さが適温。

38~39℃:リラックスしたい時の湯温。
40~42℃:シャキッとしたい時の湯温。

但し、30分以上の長風呂は体力を消耗しますし、肌も乾燥しがちになるので全身浴で10分程度におさえるのがベスト。

また、夜遅くに帰宅したとき、睡眠時間を削ってまでお風呂に入ろうとするのも避けてください。

肌のためには1にも2にも睡眠優先が大事。シャワーだけさっと浴びて寝るか、朝早く起きて入浴するほうが美肌になることができます。

体を洗う時は、液体ボディソープよりも固形石けんのほうが、肌の乾燥を防いでくれるのでおすすめのアイテムです。保湿成分入りのボディソープもありますが、そもそも流れ安いので、どれだけ配合されていても意味成しません。

意外だと思いますが、皮脂が多い人は、皮脂の出やすい胸や背中を毎日石けんで洗いましょう。(普段通りで行えばOKです。)腕や足は夏なら3日に1回、冬は週1回で充分です。逆に皮脂が少ない人は石けんを使わずにお湯で洗い流すだけで充分に間に合います。背中や胸は2~3日に1回、腕や足は週1回石けんで洗う方が良いようです。

・スカルプケア

バスタイムではボディだけでなく、頭皮ケアにも気を配ることが大事。

頭皮も肌の一部なので、毛穴をつまらせないスカルプケアは、美しい髪を生み出すヒケツにつながります。

乾いた頭皮にシャンプー剤がつくと、すすいでも流れにくくなります。頭皮を傷める可能性がありますので、お湯でよく濡らしてからシャンプーをつけてください。

最近のシャンプーは髪にツヤを出すために水溶性シリコンを配合しているケースが多く、しっかり洗い落とさないと頭皮がかぶれやすくなりますので注意を要します。

シャンプーする時は、まず髪の毛と頭皮を素洗いしてから髪の毛にシャンプーを付けます。

シャンプー剤を頭皮につけ、もみ出すように泡立てて洗います。すすぐ時は38~39℃のぬるめのお湯でしっかり行い、リンスやコンディショナーは髪の毛用ですから、頭皮につけずに髪だけにつけるのがコツです。

※ご注意1:これらの項目についてですが、管理者が外部から集めた情報によって収集したものです。

※ご注意2:肌質によっては実行すると逆効果を起こすことがあるため、専門家に相談(カウセリング)することをお勧めします。

スポンサーリンク

美肌総合


ご案内


過去記事




運営者の概要メニュー

  

RSS配信


  

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る