美肌になる方法のサイト【男女ともおすすめ】

美肌.comのヘッダー画像

美肌.コムへようこそ!

ご挨拶

美肌といっても、いろんな種類のタイプがあってお困りでありませんか?

そこで、当サイトのページがお役に立ちます。

管理者自身が独自に収集したお勧め情報を提供するのが特徴です。

主に取り上げるカテゴリは大きく分けて美肌レシピ,アイテム別,スキンケア方法,ご案内を用意しています。

読者にやさしいサイト運営を目指します。

では、ゆっくりご覧くださいませ。

・目次・

















美肌とは

「美肌とは」の定義、美肌の条件は4項目にわたります。

その1.キメのキーワード

毛穴の悩みは無いのと目立ちにくく、ふっくらしていて柔らかい印象を与えるのが特徴

その2.うるおいのキーワード

初対面の人にみずみずしい印象を与えるのが特長

その3.ハリのキーワード

肌がすこやかで若々しい印象を与えるのが特徴

その4.血色と透明感のキーワード

4-1.見た目→くすみはなく、肌色のトーン
      は明るくて透明感をもつこと

4-2.触感 →なめらかに感じること

参考:美肌 - コトバンク

    

美肌になる方法 総合

    

「総合」の概要。美肌になる方法の構成は、全部で11種類に及びます。

管理者自身が選んだテーマで集めた、美肌に関するメゾット集です。

・掲載しているテーマの一覧

1.スキンケアの方法

2.美白と同時に行う方法

3.お風呂の場合

4.お風呂の入浴法

5.くすみ対策

6.シミ対策

7.ニキビ対策

8.毛穴

9.洗顔

10.11の生活法

11.お金をかけずに美肌になる方法

スキンケアの方法

    

スキンケアの方法の種類は、全部で3項目にわたります。

美肌になるために必要な、スキンケアの方法は下記の通りです。

1.シンプルなスキンケアの方法

男性の場合:基本的に洗顔料をつけず、水洗いで洗顔する。

女性の方で美しくなる場合:男性のケースに似ているものの、洗顔後のお手入れが必要。

2.美肌力のケア

意外なことに、食べ物によるスキンケアとして、美肌になる方法があるよ。

具体的に申し上げるが、対象リストは下記の通り。

トマト,きなこ,鮭(シャケ),はとむぎ(ハト麦)

3.保湿習慣のケア

美肌をなるのに欠かせないのは、何といっても保湿の習慣を付けること。

保湿を怠ると、場合により乾燥肌や敏感肌になることがあります。

注意事項:美肌を目指すには、大敵な喫煙や過度な喫煙,長時間でのスマートホンの閲覧、ストレスを避けることがカギとなります。

関連記事:芸能人のスキンケア(美肌の方法)

美白と同時に行う方法

    

美白と同時に行う方法は、4項目にわたります。大事なことよ♪

・美肌と美白を同時に行う条件は下記の通り。

※食べ物で摂取する方法

1.タンパク質の摂取

美肌になるには欠かせない食べ物。小魚や白身魚などの動物性,大豆などの植物性を摂ると良い(※スキンケアに良い傾向)

2.良質な脂質の摂取

アマニオイルやえごまオイルなど、オメガ3脂肪酸が含まれる油脂の摂取を摂りましょう

3.美肌になる方法の一つとして、必要な緑黄色野菜や海藻類の摂取

ビタミンやミネラルを多く含んでいる食材なので、しっかり摂りましょう。(1日に350gの摂取を目標)

4.食物繊維の摂取

根菜(ごぼうやレンコン)や海藻類の摂取は望ましい。美肌や整腸作用になるので、意識をすれは摂取することが簡単にできます。

・注意すべきこと

※1.ビタミン剤,サプリメントを購入する前、必ず成分表示を見てから購入する

※2.飲み過ぎは要注意。

関連記事:美白について(美肌の方法)

お風呂の場合

    

「お風呂の場合」。お風呂でしてはいけない点を詳しく説明します。

1.行ってはならない入浴方法

1-1.石けんで洗う行為

現在はボディーシャンプーを使っているので問題はありませんが、かつてはせっけんで代用した時期がありました。理由は、ボディーシャンプーがなかったためです。

しかし、せっけんとボディーシャンプー(ボディーソープ)があるので迷う方が多いのでは!?

・実は、せっけんとボディーシャンプー(ボディーソープ)の特徴はまったく別モノ

大きな違いは何といっても、せっけんとボディーシャンプーは液性の違いです。

せっけんの液性は、弱アルカリ性。ボディーシャンプーの場合は弱酸性~弱アルカリ性。共通点は、弱酸性が主流です。

いずれにせよ、付け過ぎはほどほどに良いのです。

1-2.長すぎる入浴タイム

管理者は体温が上がりにくいとき、入浴タイム長すぎる期間がありました。すると、肌がふやけ、しわしわ状態になることがありました。(当然ながら、スキンケアのことを気にしませんでした。)

管理者の経験ですが、平熱時の体温を上げたため、湯舟につかる時間は減少につながりました。(トータルは10分ぐらい。)。

1-3.髪や体を乾かすタイムが長い

髪や体を乾かす所要時間は、10分以上もかかるのはまずいのです。

理由は、入浴前の肌の水分量に戻るため。

・対策として、湯舟からあがったあと、早めに化粧水で塗り脱衣室(脱衣所または脱衣場)から移動すると良いです。(※化粧水はありませんが、冬季に限りアフターケアとして保湿剤を塗布する場合があります)

1-4.湯舟に入れるのはさら湯の場合

 入浴剤が無いとき、さら湯で入浴したことがある。正直に申し上げるが、さら湯で入浴することはおすすめしないよ。

理由は水道水に含まれる塩素の影響で、肌に刺激をあたえるためです。

対策として、入浴剤の購入をおすすめします。(湯舟に入浴剤を入れると、肌が柔らかく感じるメリットがあるし、気持ちが前向きになるよ。)

1-5.入浴中にスマホの閲覧

・管理者自身は携帯電話の所有ですが、間違っても入浴中の携帯電話(スマホも一緒)は絶対しません。

なぜなら、入浴時間を増やす原因になるのと、同時に肌荒れとくすみが絡むため、避けているのです。

また、入浴により交感神経が活発するのと、美肌に悪い行為であるため、避けるべきです。

そして、ながらスマホの原因になるため、入浴中は大変ですが、必ず電源を切るかまたはマナーモードで設定するのが望ましいです。

1-6.就寝前のスマホの閲覧

入浴中の場合と同様、絶対に避けるべき行為です。

スマホにあるブルーライトの問題が絡むため、睡眠不足の原因になるので避けてください。また、美肌に悪いことです。

就寝前、スマホの電源を早めに切り、早めの就寝が望ましいです。(小~高校生の方は、かならずお守りください。成人した後に、肌のトラブルを起こす原因になる場合があります。)

2.行うべき入浴法(湯舟につかる前の場合)

・毎日洗っても良い部位

特に清潔を保つべき部位だよ。胸の上側,両わき,背中の上側は皮脂腺が多いので、毎日洗っても問題は無いのです。

身体を洗う方法として、洗浄剤は最低限でつけ、泡立ってから洗うと良いでしょ。(最低限なスキンケアは必要☆)

お風呂の入浴法

    

お風呂の入浴法は、シーン別で注意喚起の説明です。

1.全身をごしごし洗う場合

 強く洗うと・・・。皮脂膜を落とすので、肌荒れの原因になります。(管理者自身は、かつて行った方法だよ。また、医師の命令でナイロンタオルでの使用もNG。ナイロンタオルの使い過ぎは、かゆみ,乾燥肌になる場合があります。)

対策として、手でなでるように洗うのがコツ。(※実際に行っているスキンケアの方法だよ)

2.脱衣所が寒い場合

2-1.脱衣所で美肌になる方法

急激な室温の変化は肌に刺激をするので、かゆみや血圧の変動を起こすので望ましくありません。(スキンケアや美肌どころではない)

美肌になる対策として、脱衣所に電気ストーブなど暖房器具を設置すると良い(暖房器具を設置しない場合、ヒートショックで発作を起こす危険性が高いので、注意を要します。)

2-2.浴室編

浴室で美肌になる方法があります。あらかじめふたを外し、お湯を入れると良いです。

3.一番風呂に入る場合

さら湯の場合、水道水には塩素が入っているため、肌に大きな負担(主に肌荒れ)がかかっています。美肌になるには悪いので、決して避けるべきです。

・おすすめの美肌になる方法(抜粋)

レモン汁,柚子湯,ビタミンC,アスコルビン酸が入った入浴剤が対象

4.42度以上のお風呂に入る場合

ぬるめの(38℃の)湯と比べると、肌の水分を奪う量が増えるのです。

 熱めのお湯が好きな方向け:美肌になる方法の一つとして、炭酸ガスが入った入浴剤の導入がおすすめ。(事故,脱水防止のため、必ず水を飲んでから入浴するとよい。水を飲まない場合、のぼせを起こす原因になる場合があります。)

5.15分以上の長風呂に入る場合

管理者自身は元々長風呂が好きですが、本来なら避けるべき行為です。(スキンケアの観点から、避けるべき。)

理由は角質層が膨らむことと、肌の保湿成分の流出が招くためです。

美肌のキープをするため、湯舟につかる時間(累計)は10分程度で上がると良いでしょう。(のぼせの防止をするため、入浴前に水を飲む必要があります。)

くすみ対策

    

くすみ対策として、原因と対策を説明します。

1.原因

・血行不良:冷房などの冷気は、美肌になるには悪影響を及ぼすことがあるよ

・リンパの流れ:むくみの影響がある(特に脚元の場合)

・食生活:偏食,ジャンクフードの食べ過ぎなど、美肌や環境に悪影響を及ぼすことがあるので、ご注意

・腸内環境の悪化:(【食生活】記述の場合と同じ内容)

2.美肌になるための改善策

・生活習慣:ライフサイクルの見直しが必要

・睡眠:夜更かしを避けること

・食生活:偏食,ジャンクフードを避ける

・栄養:バランスの良い食事を送ること

・紫外線対策:紫外線対策グッズの活用をすること(美肌を保つ方法なので、意識をすること)

関連記事:くすみ対策(美肌の方法)

シミ対策

    

「シミ対策」の概要。シミは、女性にとっては悩みの種。原因と対策を説明します。

1.原因→紫外線

(【くすみ対策-食生活】記述の場合と同じ内容)

2.方法

・予防→徹底的に紫外線をカット

美肌を保つ方法の一つ。日焼け止めクリームの塗布,帽子や日傘の利用が良いです。(冬季の場合は、日焼け止めクリームの塗布が必要です)

・スキンケア→肌の保湿がポイント

美肌になる方法の一つとして、保湿成分入りの化粧品を使うと良いです。

 

シミが発生した場合→放置すると最悪なので、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸が有効

特に美白効果がある化粧品を使うと良いでしょう。

関連記事:しみ対策(美肌の方法)

ニキビ対策

    

「ニキビ対策」の概要。大人のニキビは厄介。原因や改善方法,食生活を解説します。

1.原因→ホルモンバランスの崩れによること

他の原因として、肌ストレス,睡眠不足,食生活のみられ(乱れ)も有るので、細心の注意を払います。

2.改善方法→美肌になるには必要:洗顔はしっかり行う

他に美しくなる方法として、弱アルカリ性タイプを選んだ洗顔料を使うこと

3.食生活

非常時(ニキビが発生した場合)は、脂分が多いもの,アルコール,コーヒー,甘いものの摂取は控えるのが望ましいです。

関連記事:にきび対策(美肌の方法)

毛穴

    

毛穴は、女性にとっては、悩みの種。原因と改善方法を説明します。

1.原因→皮脂と汚れがたまること

他に、メイク汚れや古い角質もたまるので、注意します。

2.改善方法→洗顔が重要

皮脂の取り過ぎになるので、最新の注意を払うこと。洗顔後、顔に適量のオイルかクリームで塗布することが大事です。

関連記事:毛穴(美肌レシピを活用する方法)

洗顔

    

洗顔は男女に問わず、大事な項目です。

1.洗顔の回数(※1日に対して)

多くても2回までが限度。なかには3回も行っている方がいると思いますが、洗い過ぎはNGになるので気をつけてください。

洗顔後のスキンケアを忘れず。

2.洗顔料を使う場合

・洗顔料をお使いの方に、注意点を述べます。

洗顔料を泡を立てるメリットは、何といっても肌に触れることと、摩擦を回避することができる利点があります。

洗顔料で洗顔する方は、必ず泡を立ててから洗顔してください。

3.力の入れ過ぎはNG

・顔を洗うのに、ゴシゴシ洗顔する方は多いのでは?

今もゴシゴシ洗顔を行っている方は、即刻中止すべきです。

顔の皮膚の厚さは意外と薄く、コットンの摩擦で傷つくほど、デリケートの部位にあたります。

美肌をキープする方法として、力を入れないで洗顔するのがコツです。(※洗顔料で洗顔するとベストです)

4.洗顔時で最適な水温(湯温)

・すすぎをするときの湯温は32度(°)です。

上記の設定温度より上げると、美肌に大敵で皮脂の落としすぎが発生し、乾燥肌になる要因になります。

反対に、冷水の場合は汚れが浮きにくい,毛穴の汚れが落としにくい問題があります。

すすぎをするときの湯温(32度)を守ると美肌をキープし、肌の潤いを保つことができます。

5.シャワーでの洗顔はNG

・管理者自身は、絶対に行わない行為です。(顔のスキンケアを行うにはNG。)

5-1.シャワーでの洗顔は避けるべき理由

浴室内の温度は高めになるので、角質は柔らかい状態の肌質に変化します。

5-2.角質がシャワーを浴びることによるダメージの状態

水圧の場合:顔の皮膚の厚さは薄めであるため、美肌に悪影響を及ぼす可能性があるよ

お湯の温度:洗顔をするには高すぎる設定に該当(約40度前後が一般的)

水圧との問題があり、行っている方は即刻止めること

11の生活法

    

美肌に良い11の生活法を詳しく説明します。

1.(摩擦ゼロ)洗顔で美肌になる方法

・洗顔料で洗顔している方向け

ゴシゴシ洗顔している方は多いと思います。しかし、この方法では肌を傷つくのと、汚れを毛穴に押し込むもとになるので、極力避けてください。

対策としては、あらかじめ泡を作り、「ふわふわ洗顔」をすると良いです。

2.(保湿力重視)基礎化粧品で美肌になる方法

・既に使っている方向け

肌の乾燥を感じている場合、基礎化粧品の見直しは必要です。見直しの際、セラミド,ヒアルロン酸,水溶性コラーゲンが配合入りの基礎化粧品を選ぶと良いでしょう。

3.加湿器で美肌になる方法

加湿器を使うと、湿度を上げる役割があるだけでなく、肌の乾燥を最小限に食い止めることが可能です。

注意:加湿器を使うタイミングとして、湿度が50~60%未満なら使うべきです。逆に止めるタイミングは60%以上で、部屋の湿度が60%を達した場合は加湿器を止め、除湿機を使うべきです。

4.(2wチェンジ)スキンケアテクニック

・女性のみの対象記事

女性の場合、女性ホルモンの周期により肌質が替わるのを知らない方が多いかもしれません。

女性ホルモンの周期は2週間おきであるため、健康な女性であっても、脂性肌の時期と乾燥肌に傾く(なる)時期があるのです。

従って、脂性肌(ニキビケア用)になる場合と乾燥肌用の化粧品を用意するのが望ましいです。

ニキビケア用にさしかかっても、対応することが可能なわけです。(対象は、更年期が入っていない方に限ります。)

5.タオルで美肌になる方法

当たり前ですが、タオルの使いまわしは絶対にNG!!(スキンケアには良くない行為)

たとえ家族であってもダメなので、1人で1枚の割合で使うべきです。

6.ゴシゴシ摩擦の禁止

クレンジングの関連ですが、拭き取りはタオルに限ります。(メイクを落とした後のケアは必要!)

ゴシゴシする場合、美肌対策の観点から肌トラブルを引き起こすので、即刻中止してください。

7.(ミスト化粧水)水分補給で美肌になる方法

ミスト化粧水での水分補給は、いい方法です。

特に、乾燥肌や脂性肌,乾燥や皮脂が気にする方でもおすすめです。

8.(低刺激)メイク用品の選定方法

敏感肌の方は化粧品だけなく、メイク用品もキチンと揃える必要があります。

9.(頻繁に)肌にご褒美が必要

週に1回は、肌を休ませる必要があります。

特におすすめはシートマスクやパックです。お金に余裕があれば、美顔器を使うのも手です。

10.1日3回は、自分で鏡を見るべし

女性のみなさんは、朝・昼・夕と鏡を見ますか!?

美肌の意識を持つなら、自分で鏡を見ることが大事です。

一日中、肌の状態を知ることが肌トラブルの対策になります。

11.(トラブル対策)皮膚科で相談すべし

管理者自身は皮膚科を受診するときは、かつて肌トラブルで利用したことがあります。(現在はもっぱら水虫のみの診察です)

なかにはニキビなんて思った方はいるのでしょうね~

しかし、ニキビの形状では皮膚科の受診が必要な場合があります。このような場合は、ニキビの部分を触らず、皮膚科で受診をお勧めします。

お金をかけずに美肌になる方法

    

お金をかけずに美肌になる方法として、9項目もあるよ♪詳しくは本文で♪

1.シャンプーで美しくなる方法

頭を下げる方法はNG。(具体的な方法として、床屋さんで行っている方法)

望ましい方法は、美容院で行っている方式。具体的な内容は頭を後ろに反らすのと、横に倒す方法で洗髪すると良いです。

2.洗顔や洗髪で石けんを使う方法

選ぶ場合は、無添加で冷製法タイプの固形のものでおすすめです。

特徴しては、非加熱タイプであるため、保湿成分(グリセリン)が生じるので、洗浄力が保ちながらうるおいをキープすることが可能です。

デメリットして、大量生産が出来ないため、価格は高め(1000円以上)なところです。

予算を考えてから購入すると良いでしょう。

3.紫外線を当てる場所の制限

・昔とは違い、日照時間はほどほどに当てる程度で十分です。

ベストな方法は、1日で浴びる日照時間はわずか5~10分で済みます。

浴びる部位は、手のひらだけでOKです。(ビタミンDを生成するため、必要不可欠です)

他の部位は美肌に大敵になるため、肌トラブルを起こすので避けてください。

4.肌荒れの原因

・最近、グルテン不耐症の話を聞いたころがありますか?

実は、大事な内容です。というのも、一部の欧米系の方に、小麦アレルギーが増えているのと聞いたことがあります。

グルテン不耐症は、小麦アレルギーに近い疾患のこと。

症状は、腸内にガスのたまり,便秘や下痢を繰り返すこと。

対策として、一週間で小麦を使った料理(パンやパスタなど)の摂取を控えると症状が収まるだそうです。

5.野菜や果物がアレルギーを引き起こす場合も

・果物や野菜アレルギーになるのを知っている方は多いものの、具体例として知っている方は少ないのでは?

・アレルギーを持つ果物や野菜のリスト(抜粋)

スギ・ヒノキ:トマト

シラカバ    :バラ科(ウメ,リンゴなどの果物),キウイ,セロリなど

ブタクサ    :スイカ,キュウリなど

カモガヤ    :メロン,ジャガイモなど

ヨモギ     :リンゴ,ニンジンなど

6.どんなことをしても、金属アレルギーを疑う

・どんなことをしてもニキビが治らない場合

金属アレルギーのテストを行うこと

・金属アレルギーの対象(なる場合)

歯科金属,アクセサリー

・隠れ金属アレルギーの品目

ファンデーション,パウダー,チーク,アイシャドー

・金属アレルギーの対処方法

金属の粒子が肌に付かないタイプのコーティング入り化粧品を選ぶこと

7.【男性向け】生活習慣の見直し

美肌に関心する男性の場合は増えているのは良いことですが、よほどでない限り、化粧品をつけなくても問題はありません。(管理者自身は実証済み)

・注意すべき事項

紫外線を当てる時間のカット

居酒屋のおしぼりで、顔の拭き取りはしない

熱いお湯(風呂の湯温と同じ)での洗顔を避ける

洗髪の際、シャンプーが顔に付着しないようにする

上記のことを守っていけば、美肌をキープすることができます。

8.洗顔後の注意点

・肌の体質により、タオルでの顔拭きはNGになるので避けること

管理者自身もタオルで使うものの、顔を当てるだけです。理由は、顔の肌がツルツル状態であるため、ゴシゴシ拭きはしないのです。

特に、乾燥肌,敏感肌の方は、顔のゴシゴシ拭きを避け、タオルまたはキッチンペーパーで顔を当てるだけで充分です。

9.(肌の症状による)最後の手段

方法として、レーザー治療があります。対象する症状はかんぱん(肝斑),シミ(老化性)です。

    

美肌になる方法Q&A(洗顔,スキンケア,化粧水,ケア,顔の補足分)

    
    

1.洗顔編

    
    

Q.洗顔フォームや化粧水を使う場合、ニキビができるリスクはありますか?

    

A.洗顔フォームの場合、ニキビを予防するモノ,メイクを落とすモノなどのタイプが存在します。用途により、洗顔フォームの選択が必要ですよ(笑)

    

  なお、化粧水についても同様な考えですよ(笑)

    

【注意点】石油成分や添加物が入っていないもの、赤ちゃんにも使用することが可能な製品に限ります。

    

※共通点として肌質により、個人差がございます。製品により肌に合う,合わないことがございますので使用を中止し、皮膚科の医師または薬剤師にご相談することをおすすめします。

    
    

2.スキンケア編

    
    

Q.美肌スキンケアに関してのアドバイス。

    

A.美肌スキンケアの方法は千差万別なので、これといったオススメを挙げるのは難しいのが実情。

    

【実際に有ったレビューの一例】

    

自分自身の肌質に合った、基礎化粧品を選ぶ必要があるよ(笑)

    

使ったことがある製品名はアテニアやJino,そしてエステつきのシーボンなど。

    

基礎化粧品選びは、大事であることを忘れずに。

    

※肌質により合わないことがありますので、ご注意願います。

    
    

3.化粧水編

    
    

Q.化粧水を手づくりにするのか否か考え中。

    

化粧品で肌トラブルを抱えています。化粧を控えたのは良いものの、乾燥の状態は今一つ。

    

化粧水の手づくり方法を伝授してほしい

    

A.美肌水は、究極の手作り化粧水の代名詞といえる。

    

考案者は今井龍也氏で、アトピー皮膚炎の患者さん向けに開発したのが特徴。

    

材料は、下記の通り。
      水…200ml ※水→精製水または水道水
尿素…50g ※尿素:化粧品グレードが望ましい(※大きな薬局やネットなど、簡単に入手可能)
グリセリン…10ml

    

【作り方】

    

水と尿素を混ぜ、しっかり溶けてきたら、更にグリセリンを加えてしっかり混ぜる

    

【使い方】

    

原液を自分の肌質に合わせ、5倍~20倍くらいに水で薄めてから使うこと

    

※注意:薄める際の水→精製水もしくは芳香蒸留水(フローラルウォーター)が良い

    

【効能(※参考)】

    

保湿効果

    

参照リンク

    

http://saezuli.jp/kc/kc03_recipe01/base0103.html

    
    

4.ケア編

    
    

Q.鼻にニキビができやすいので悩んでいます。どんな方法でケアをするのが良いのでしょう?

    

  ニキビの跡は消えずに残りますか?

    

A.刺激物や脂肪の多いものを控えるのがよい。

    

※管理者は男性ですが、若いころと違って刺激物や脂肪が多いもの食事を摂る機会は減っています。

    

 このためか、ニキビは減った感じがありますよ。

    

 ニキビ跡の件ですが、むやみにつぶさなければ大丈夫です。

    
    

5.顔編

    
    

Q.美肌にしたい願望ですが・・・。

    

★気にすることは、以下の通り。

    

・ほうれい線・生理前のデカニキビ・毛穴の黒ずみ・シミ・おでこの横しわ

    

月1やっている内容は→ガスール泥パックなど4種類です。

    

上記の肌トラブルは解決することは可能?

    

A.私は27歳の女子です!私もお肌には気をつかっていますよ!

    

私もそうならないように、日々努力しています!

    

シミに関しては、エステとして通っています!

    

普段のお手入れ方法

    

クレンジング→洗顔(週2回スクラブ洗顔)→ふき取り化粧水→化粧水→ローションパック(毎日)→石で、リンパマッサージ→目元口もと用美容液→美容液(SK-2セルミネーション)→保湿ジェル→全身リファでマッサージ

    

・基本的には、DIOR,SK-2の使用

    

毎日の積み重ねが大切!(ホントだよ)

    

怠るとまずいこととして、日焼けは絶対にNG!日傘&日焼け止め必須!

スポンサーリンク

美肌.コム 管理者のブログ

【2018年】お久しぶりの投稿

管理者のコラム


最近、「美肌」に関する記事やテレビ番組を取り上げないことはあまり聞かない。

しかし、白人女性の場合は、「美肌」を気にする方は少ないよう。

大きな理由は、日本人女性が使っている「日傘」の利用が目立つため、驚きとか。

では、日本人以外の女性はどんな対策をするかというと、基本的に日焼け止めのクリームを塗るのが一般的なようです。

4月に入ると、日焼け止めクリームのCMを流しますね。

実は、私が購入した日焼け止めクリームとは違い、SPFの値が高ければ高いほど紫外線対策に有利であるといえます。

また、年々紫外線は強くなる傾向があるため、1シーズンで使い切るのが望ましいです。

私は男性ですが、基本的に日傘は使いません。

場合によりますが、日焼け止めクリームを塗ってから対策を施しています。

これからは、日焼け止めクリームを使うシーズンに入ります。

上手に使って、秋口までに日焼け対策を乗り切りましょう。(※男性の方も日焼け対策が必要する場合があります。)



スマホ向けのページ

スポンサーリンク

    
    

美肌総合


ご案内


過去記事




運営者の概要メニュー

  

美肌.コム
サイト管理者の紹介


著者:落合 浩

「Google+」

    

「フォローボタン」

    

(※ブランク2)

    

「おすすめ」ボタン

(※ブランク3)

  

RSS配信


  

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る