正しい化粧品の選び方(美肌の方法)

美肌.comのヘッダー画像
TOP » デイリーケア » 正しい化粧品の選び方(美肌の方法)


正しい化粧品の選び方(美肌の方法)

当サイトで取り上げる化粧品に関する記事は下記の通りです。

・化粧水

角質層にある保湿成分セラミドのはたらきを補うのが正しい保湿のお手入れになります。

保湿成分配合の化粧水があるようですが、化粧水のほとんどが水分であるため蒸発してなくなってしまいます。そのためか、保湿成分が入った化粧水を使ったとしても効果はないとのことです。

化粧水を選ぶときのポイントは、ビタミンC誘導体だけ配合されたシンプルなものを選ぶとベストです。

・美容液

肌の状態に合わせて必要な栄養を補うのが美容液の役割です。

保湿から美白、アンチエイジングなど、美容液には目的に応じてさまざまな商品があります。

そのためか、美容液の種類はクリームからジェル、ウォータータイプまでタイプもいろいろありますので、目的を考えてから選ぶと良いでしょう。

美容液を選ぶポイントは、何といっても配合成分をしっかり確認してから購入すると良いでしょう。

なお、肌の負担がかかりにくいタイプはジェルタイプがベストですので、敏感な方はこのタイプの美容液を選ぶと良いでしょう。

・クレンジング

クレンジング料はメイクの成分を浮き上がらせる油分と、水になじませるための界面活性剤が配合されており、スキンケアアイテムの中で最も肌を傷つけるタイプのものに該当します。

種類はふきとりタイプ、オイル・リキッドタイプふきとりタイプ、オイル・リキッドタイプ、泡タイプ、クリームタイプなどがありますが、肌に最も刺激が強いのがふきとりタイプです。毎日使うと赤ら顔になったり、シミができやすくなることもあるので要注意。

また最近はオイルタイプが主流ですが、洗浄力が強いため毎日使うと肌を傷めるので注意を要します。

最も肌に優しい、クリームや油性ジェルなどの洗い流せるタイプがおすすめです。

・洗顔料

最近はうるおいを残すタイプや、美白をうたった洗顔料などがありますが、洗顔料に含まれる成分はすすいだ時にすべて落ちてしまいます。

洗顔料の目的は、脂汚れをしっかり落とすことにポイントを置いて選ぶのがベストです。従って、肌の保護を目的にしたものではないので、勘違いの無いように。

洗顔料は、シンプルな固形石けんがベストで、汚れをしっかり落とし、肌に余分なものが残りません。

クリームや液状タイプの洗顔料は肌に優しいイメージがありますが、洗浄力が弱い傾向があるので、しっかりメークの場合は汚れをしっかり落とすには難しいです。

また保湿のために油分を多く含んでいて、油分が肌に残って膜を作り、洗顔後のスキンケアを邪魔するため、あまりお勧めしないのです。

※ご注意1:これらの項目についてですが、管理者が外部から集めた情報によって収集したものです。

※ご注意2:肌質によっては実行すると逆効果を起こすことがあるため、専門家に相談(カウセリング)することをお勧めします。

スポンサーリンク

美肌総合


ご案内


過去記事




運営者の概要メニュー

  

RSS配信


  

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る